スポンサーサイト

  • 2014.09.22 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    シスターアクト

    • 2014.09.09 Tuesday
    • 21:23


    観たいなぁ

    どうしようかなぁと

    ぐずぐずしていたところ

    公演日前日に

    チケットステーションに

    売りに出され

    三分の1以下の価格でペア販売(゜ロ゜)

    この出会いは必然に違いない!

    即決で、購入!

    楽しい観劇になりました!

    席があまりよくはなかったからか?

    台詞が若干ではあるが聞き取りにくい?

    森久美子さんの主演の公演日だったのですが

    明るいデロリス(ウーピー・ゴールドバーグの役)を演じていました。

    修道院長役の鳳欄さんは

    台詞がとても聞き取りやすく

    安定感がありました!

    映画で有名になった曲

    Hail Holy Queenの歌がなかったのは

    とっても残念でした!

    宝塚歌劇団中日劇場公演『ベルサイユのばら』フェルゼン編

    • 2014.07.01 Tuesday
    • 21:11


    宝塚歌劇団の公演が、他のミュージカル公演と違うのは、色彩が鮮やかで、それを眺めているだけでも夢の中にいるようなところでしょうか?

    明日海りおさんトップ就任プレ御披露目公演!

    悪役を演じるとカッコいいイメージがあり

    どんなフェルゼンを演じるのか楽しみにしていました!

    何がどうとはうまく説明できませんが

    いいかんじでした(^o^)

    時々なぜか霧矢大夢さんを思い出す箇所があり

    上級生の演技から学んで

    宝塚の伝統が引き継がれていくのだろうかと…

    御披露目公演は『エリザベート』

    トートをどう演じるのか?

    今から非常に楽しみです(^з^)-☆

    プロミセス・プロミセス

    • 2012.12.18 Tuesday
    • 00:03
    東京迄 日帰りで観劇!
     
    そのうち名古屋で観劇できるものは いつも待っていますが(;一_一)
     
    あまり大がかりでないミュージカルは 名古屋飛ばし???
     
    http://www.promises.jp/

    ミュージカルコメディだけあって 身構えることなく とても面白く観劇できました(^_-)-☆

    初日のお昼の公演でしたが
     
    中川晃教さんの ストーリーテラーぶりが 最初のつかみで惹き込まれ
     
    最初から客席は笑いにつつまれていました!!!
     
    樹里咲穂さんも 途中からの登場にもかかわらず 強烈なインパクトを・・・\(◎o◎)/!
     
    紫城るいさんのダンサーぶりも キラキラ いきいきとしていて 注目をかっさらっているなあと・・・(^_^.)


    岡田浩暉さんは 最近テレビといい このミュージカルといい 不倫の役が続いているなあと(^_^.)

    大和悠河さんは お上品でピュアな女の子でした!
     
    歌は 以前よりも 声楽的な歌い方だなあと・・・(^.^)

    面白かったので 藤岡正明さんの出演も 観たいのですが・・・ 残念(>_<)

    リピートして観劇したい 楽しめる作品でしたっ(^_-)-☆

    bs12 グレート・ギャツビー

    • 2012.08.27 Monday
    • 20:41

    グレート・ギャツビー−F・スコット・フィッツジェラルド作“The Great Gatsby”より−

     20世紀文学の傑作の一つ、F・スコット・フィッツジェラルド作「グレート・ギャツビー」をミュージカル化。“ジャズ・エイジ”と呼ばれた狂乱の20年代、アメリカン・ドリームを求め、挑み、破れた男の青春を描く。'91年に杜けあき、鮎ゆうきを中心とした雪組により上演され、好評を博した作品で、今回は二幕の作品として再演。'08年月組・日生劇場。脚本・演出は小池修一郎。瀬奈じゅん、城咲あい 他。1922年、ロング・アイランド。毎夜派手なパーティを開くが姿を現さない謎の人物・ギャツビー(瀬奈)が噂になっていた。ギャツビー邸の隣に越してきたニック・キャラウェイ(遼河はるひ)はある夜、邸の庭から対岸を見つめるギャツビーを目撃する。対岸には、ニックの遠縁のデイジー(城咲)とその夫で大富豪のトム(青樹泉)が住んでいた。1917年の第一次世界大戦中、18歳のデイジーは故郷ルイヴィルで随一の美貌で知られ、近隣の若い男性の憧れの的だった。デイジーは赴任してきた若い中尉と恋に落ちるが、身分違いの恋は母の手で葬られる。その中尉こそギャツビーその人だったのだ…。

    5年間という空白の時間に

    年ごろの娘は結婚し、子供もできる!

    いつだって女性は順応して生きていくということか?

    中尉は身分違いの恋を葬られた為に

    身分の溝を埋める行動を起こす

    5年前の恋の相手の自宅の対岸に

    邸宅を構えるギャツビー


    未練をかなり残している・・?忘れられない?

    たまたま隣に越してきたニックが

    憧れのデイジーの『またいとこ』ということで

    再会する行動を起こす!




    しかしそれは

    何組もの夫婦の

    男女関係が壊れ

    破たんしていく・・・


    一番目を奪われたのは

    遼河はるひさんのニック

    好青年ぶりが伝わる素敵な演技でした(^_-)-☆


    城咲あいさんのデイジーは

    少し奔放な人となりが伝わってきました(^_^.)


    磯野千尋さんのジョージは

    浮気をしている妻でも愛しているが

    その妻が車にはねられたら

    犯人と刺し違える覚悟?な様子が

    よく表現されていた\(◎o◎)/!


    しかし・・・その妻(;一_一)

    浮気相手が

    本気でなかったことに

    嫉妬して

    走っている車に詰め寄るって・・・

    だめじゃん!!!


    このお話による男女は

    恋愛における男女の違いを

    とても際立たせていたような気がする・・・



    エリザベート

    • 2012.08.23 Thursday
    • 00:05
     http://www.chunichi-theatre.com/presents/2012/8/8gatsu1.html

    先日観劇しました!

    小池修一郎演出は

    名古屋っ子にとって

    はずれはありません!

    ストーリーの魅せ方や

    展開スピードや

    最後まで魅入ってしまいます(^_-)-☆


    東宝系のミュージカルは

    少し値段が高め(まあ世間通常でいえば一般価格でしょうが(;一_一)

    しかし納得のお値段とサービス!

    その公演日には

    高嶋政宏さんのルキーニ姿のポストカードのプレゼントや

    その日のトート役の

    マテ・カマラスさんのグッズを購入すると

    サインを貰うことができるという

    イベントがありました!


    エリザベート役は春野寿美礼さんでしたが

    歌うまな女優さんだけあって

    少女時代のエリザベートの声(前日にうたかたの恋で男役の歌声を聴いていた為、芯のない?声に聴こえました)

    女性として成長したエリザベートの声

    黄泉の帝王トートを拒絶する強いエリザベートの声(これは男役時代の歌声に近かったかな?)

    その場面毎に

    歌い方や歌声を替えて

    歌でも演じきっていました\(◎o◎)/!

    ほぼ全編

    歌主体のミュージカルではありますが

    歌声までいろいろ演技できるというのは

    はじめてかも・・・(^○^)


    帰りには

    他のお客様の声が耳に入って

    『究極のエゴイストが主人公になるなんて許せない!』と・・・。

    しかし

    わずか15歳で嫁ぎ

    結婚するということの意味もわかってなかったでしょう・・・

    未熟な行動があっても仕方がないというもの・・・

    そしてきっと精神的にも脆いところがあったのかなと・・・


    観劇できてとても満足でした!!!

    BS12 うたかたの恋

    • 2012.08.21 Tuesday
    • 21:47
     うたかたの恋(’06年花組・全国)

    オートリア帝国皇太子ルドルフと男爵令嬢マリーの悲恋物語。19世紀末に実際におこった事件を元に描かれたクロード・アネの小説「マイヤーリンク」を舞台化。これまでにも度々上演を重ねてきた名作の、'06年花組・全国ツアー。脚本・演出は柴田侑宏。演出は植田景子。春野寿美礼、桜乃彩音、彩吹真央 他。オーストリア帝国皇帝フランツ・ヨーゼフ(夏美よう)の息子ルドルフ(春野)は美しく、才気に富んだ次期皇帝だった。しかし政略結婚で結ばれた妻との間に愛はなく、また奔放な母エリザベート(梨花ますみ)の血を受けついだ彼は自由主義思想に興味を抱いていた。一方、従兄弟のジャン・サルバドル(彩吹)は平民の娘ミリー(桜一花)を恋人に持ち、自由主義運動を進めていた。ジャンの自由な生き方をうらやましく思うルドルフではあったが、皇太子という立場は彼を縛り付けていた。ある日マリー(桜乃)という清純な娘に出会い強く惹かれる。マリーもルドルフに惹かれ、2人は逢瀬を重ねる。しかし身分の低い男爵令嬢との恋は、皇帝の激怒を招く…。


    このお話って『エリザベート』につながっている話なのね〜\(◎o◎)/!

    オーストリアも日本と同様

    政略結婚が頻繁にあったということか!

    現世ならありえないでしょって思えた場面は

    皇太子とマリーがいわゆる心中する場面!

    愛する皇太子さまに銃をつきつけられて

    死んでしまうのに

    まったく不安がないと・・・


    あんなに純粋なカップルは

    現代では存在しないな!きっと・・・

    wowow ふたりの貴公子

    • 2012.07.24 Tuesday
    • 22:03
     ビジュアル公演だあ〜!

    http://kageki.hankyu.co.jp/revue/backnumber/09/moon_bow_kikoushi/index.html


    http://www.asahi.com/showbiz/stage/spotlight/TKY200903260283.html

    バラモンとアーサイトとどちらのタイプの男性が好みか???

    または

    龍真咲さんと明日海りおさんと

    どちらの男役さんがお好みか???

    というあたりを楽しむような内容でした・・・(^_^.)

    とても幼い時から

    深いつながりがあり

    親友という関係が

    同時に一人の女性を一目惚れした途端

    いきなり敵になってしまうって・・・(;一_一)

    たったそれだけの

    薄っぺらい友情だったのかな???

    と突っ込みたいくらい

    いきなりの展開ストーリーでしたが

    芝居後半も

    一人の女性エミーリア姫をかけて

    戦って

    アーサイトが勝利するものの

    アーサイトが落馬して命を失い

    バラモンがエミーリア姫を得ることになる

    どちらかを選べないエミーリア姫(いまいち優柔不断?)に

    もやっとした結論・・・

    ウーン

    ストーリーとしては

    すっきりしないなあと(-_-;)

    ですからあくまでも

    ビジュアル&お好み路線祭り???ってことで・・・\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?



    BS12 ノバ・ボサ・ノバ月組

    • 2012.07.21 Saturday
    • 22:03
    http://www.youtube.com/watch?v=IWedy1v4l0s


    星組の2011年の中日公演がとれなくて

    DVDで観劇したのですが

    名古屋っ子的には

    1999年の月組版に

    わくわくします(^_-)-☆

    BS12での放送で

    このころの月組さんって

    すごく贅沢なメンバーだと

    つくづく感じました!!!


    ノバ・ボサ・ノバ−盗まれたカルナバル−('99年月組)

    真琴つばささん

    紫吹淳さん

    のベテランさんはもちろん

    そのころ下級生だった


    大空祐飛さん

    霧矢広夢さん

    大和悠河さん 

    このころに目立った活躍の下級生さんが

    トップさんになっている・・・!

    下級生さんがいきいきと舞台で活躍しているから

    舞台がエネルギッシュ!!!

    しかも舞台中のこの85期生

    柚希礼音さんも

    ラインダンスしてるって・・・\(◎o◎)/!

    贅沢な舞台です(>_<)

    満足なテレビ観劇となりましたよっ!


    維新回天・竜馬伝!

    • 2012.07.14 Saturday
    • 20:23
     維新回天・竜馬伝!(’06年宙組・宝塚)

    BS12で毎週金曜日放送の

    宝塚ドリームミング・シアターでTV観劇!!


    貴城けいさんの退団公演ですが

    さよなら仕様って感じはしませんでした・・・



    http://kageki.hankyu.co.jp/revue/06/cosmos_takarazuka_ryoma/index.html

    石田昌也氏の演出は

    いつも宝塚版『よしもと新喜劇』という印象!

    宝塚らしさが様式美とするなら

    これはありなのか???


    もちろん主演の貴城けいさんは

    歌もヴィジュアルも

    満足なのですが


    蘭寿とむさんの

    徳川慶喜は

    マンガの主人公のような美しさだなとか


    寿つかささん演じる

    西郷隆盛も

    ああ〜どこぞの銅像の雰囲気だな〜とか


    公家役の配役に

    娘役の人を当てたり

    ふつうに

    大河ドラマだったりの

    イメージと重なる印象があり

    それを眺めているのも

    興味深かったです(>_<)!


    和洋折衷ものな感じの舞台!

    武士役の皆さんは

    いわゆる和物のお化粧で

    いつもの

    アイメイクばっちり化粧とは違うからか?

    何だかものたりないような

    すっきりとしたメイクの印象!


    公家役の皆さんは

    白塗りで

    お顔の印象がかなり違っていて

    誰じゃ???



    大和悠河さんは

    和物メイクで

    目元がさっぱりした印象で

    睨みをきかせると

    なんか歌舞伎風かなと・・・


    ストーリーとは別の所で

    かなり楽しんだ視聴をしてました(;一_一)




    wowow 宝塚への招待 ONE

    • 2012.07.02 Monday
    • 20:13
    http://www.wowow.co.jp/pg_info/detail/100867/index.php#content?target=scene003

    副音声つき第2弾

    この副音声ってのが

    あまりに音量が大きいと

    ショーを視聴しているので

    邪魔になったりする(^_^.)


    ところが

    元男役さん2人だったからか

    低めの音声で

    耳障りにはならなかった(^_^.)


    今回副音声付で視聴して

    おもしろかったのは・・・

    ここでは息切れしているとか

    うずくまった場面は

    もう少し休憩したいとか

    毎日踊っていてもそうなんだ!!!という発見\(◎o◎)/!


    コミカルな場面は若手の下級生が担当するとか・・

    だるま(レオタードにあみタイツ?)はどの学年まで経験したかとか・・・

    ガタイがいいと女子プロのようだ!とか?

    経験者の語りで

    新しい発見とともに視聴でき

    なかなか楽しませてもらいました\(~o~)/

    再放送は7月15日のようです(^_-)-☆


     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    みんなのブログ

    TIME

    コマーシャル!(^^)!

    めざせ!ビューティー(^_-)-☆

    blogram

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・エディション(初回生産限定盤)
    マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・エディション(初回生産限定盤) (JUGEMレビュー »)
    マイケル・ジャクソン,ジャクソンズ
    初回生産限定盤ってところが購買意欲をそそるかも?

    recommend

    床下の小人たち―小人の冒険シリーズ〈1〉 (岩波少年文庫)
    床下の小人たち―小人の冒険シリーズ〈1〉 (岩波少年文庫) (JUGEMレビュー »)
    メアリー ノートン
    今現在、映画で上映中の「借りぐらしのアリエッティ」の原作本この内容が映画で上映されています。心がほんのり温まるいい作品です。

    recommend

    recommend

     (JUGEMレビュー »)

    歴史好きな人は面白いと思います(^_-)-☆

    recommend

    recommend

    recommend

    レッドブル エナジードリンク 250ml×24本
    レッドブル エナジードリンク 250ml×24本 (JUGEMレビュー »)

    一押し!!! 眠気覚まし! 集中力持続?

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM